休暇がとれない

看護師が今の職場を辞めたいと思う理由になかには休暇がなかなか取れないことや人手不足による仕事量の多さ、夜勤の辛さなどがあるようです。看護師募集の求人を探すときにもこれらの条件を満たしてくれる職場を選ぶようで就業地域に偏りが出てきたり復職まで行かない離職看護師が多いようです。看護師募集の求人を出して再就職者を増やすには問題の解決を満たさなければならないと考えられます。現在日本では高齢化が進んできて看護師のような厳しい職場環境に耐えられないことがあります。その環境を防ぐために労働組合から職場の環境改善や人材の確保を求める要望書が出ている医療法人もあります。そのようなこともあり看護師募集の際には職場環境の改善や福利厚生、待遇の条件を前面に出した求人が増えているようです。離職看護師がせっかく取得した看護師免許を捨ててしまうことはもったいなく、取得者も一生使える資格を生かそうと考えていると思います。ほとんどの離職看護師は結婚や出産、育児のために仕事ができなくなり離職していくと思います。また働ける環境になれば就職活動を始める人も多いと思います。そんな人が看護師募集の際に気にかけるのはきちんと休暇が取れる職場や人材が確保されていること、夜勤がない職場を中心に就職活動を進めていると思います。またスキルアップのために職場をかえる人も少なくないようです。医療法人ではそんなスキルアップを考える人のために認定看護師や専門看護師資格の取得支援をしてくれる職場を探すこともあるようです。

コメントは受け付けていません。