‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

国家資格

2014/02/07

看護師として仕事を従事するには、専門学校や看護大学の教育課程など修了後に国家試験等の資格試験に合格し、看護師免許を取得しなければ働けません。そして、看護師募集に関しては、新聞の折り込みチラシや、インターネットによる求人サイトなどを閲覧すると思いますが、病院など医療機関関係以外の民間企業や、介護施設などからも求人・募集が近年多く見受けられます。看護師不足は前からあった話で、今に始まった事ではないですし、日本だけの問題でもありません。現在でも看護師不足が続いている原因に、診療報酬の改定が挙げられます。以前では診療報酬で認められている患者に対して、看護師の人員配置は患者10人に看護師1人というの人員配置でしたが、改定後は患者7人に対して、看護師1人という配置が新しく出来ました。この事により、急性期型の病院がその診療報酬を目的に、看護師募集しているという事が背景にあるようです。また、看護師の給与は年厚生労働省などの調査による統計ですと、基本的に年齢と経験を重ねる程に上昇傾向にあります。過去の賃金の推移を比べてもほぼ横ばいで安定していますが、看護師と准看護師との差は1.5倍くらいの違いがあり、准看護師は看護師と同じような仕事内容でも収入に大きな違いがあると言う矛盾も挙げられます。また、一般女性の平均年収と比べても倍以上の差があります。今後も高齢化の進展により看護師の需要は増えて行き、看護師募集の広告も増えると思いますが、最近では派遣看護師という働き方が増えているようです。

人材不足

2014/02/07

医療現場は慢性的な人材不足です。地方に行くほど医師や看護師の数は少ないと言います。命を扱う仕事として、きつく、厳しい事も多いのかも知れませんが、世の中に求められている仕事である事は確かです。特に看護師募集はよく見かけ、求人情報サイトの取り扱いも大きいです。看護師募集の専門サイトも数多くあり、求人の比較をするには最適な情報源です。求人検索もインターネットが便利な時代です。看護師のような専門分野の求人も専門サイトに飛べば簡単に見つけられます。自宅にいながら希望する条件を入力すれば理想の職場が見つかる訳ですから、やる気と勤務できる時間さえ確保できれば、いつでも働けます。ここまで細かな情報が入手できる様になると、より良い職場を求め募集内容の比較にも熱が入ります。純粋に給与が高い、休暇をとり易く勤務シフトにゆとりがあるなど、自分が最優先したい条件に当てはまる職場を探す事ができます。看護師募集の条件として、給与や勤務時間以外にも年一回の海外旅行、社宅が借り上げマンションなど、好待遇の求人を扱うサイトもあります。しかし、いくら好条件だからと言って必ずしも良い職場とは限りません。医師や同僚、患者など人との交流は避けられない職種です。好条件であっても続けられないような環境では良い職場ではありません。そんな、実際に働いてみないと分からないような事もサイトに掲載されている口コミ情報をみれば、いくらかでもイメージをつける事ができるかも知れません。看護師募集の比較に、求人サイトはなくてはならない情報源です。

高齢化社会

2014/02/07

“現在の日本は急速な高齢化社会を迎えていることもあり、看護師の数は慢性的に不足しており看護師募集の求人は常にあるような状態です。それに加えて看護師募集の求人そのものも数は豊富で、看護師での就職を考えている人間にしてみればその選択肢はかなり広いといえるような状況です。では看護師での就職を考えている側としては、どのような点を見て、それぞれの職場を比較して看護師募集の求人を選んでいくのがいいのでしょう。ここでは、その看護師募集の求人を比較するに際してのポイントをいくつか紹介していこうと思います。
看護師での就職、または現役の看護師が職場の転職を考える際には、やはりその就職先、転職先の職場で出来るだけ長く働きたいと思うのは当たり前のことだと思うのですが、そこで思い浮かんでくる条件としては次のようなポイントだと思います。まずはやはりその職場の人間関係が良いということが挙げられるのでしょう。これは別に看護師に限った話ではないと思いますが、やはり誰だって人間関係の良い職場で気持ちよく働きたいと考えるのは当然だと思います。次に看護師である自分が働きやすい環境や労働条件ということが挙げられるのでしょう。これはその人によって重視するものは変わると思うのですが、いずれにしても長く同じ職場で働くためにはやはり自分自身が働きやすい職場の環境、労働条件ということは欠かせないものと考えます。最後のポイントは、その職場がどれだけ看護師自身の福利厚生などが充実しているかということでしょう。

看護師募集

2014/02/07

私の母は看護師をしているのですが、現在の仕事場は保育園です。数年前までは病院の病棟で仕事をしていたのですが、夜勤があって生活が不規則になってしまい体力的に仕事が続けられなくなってしまって、転職か仕事を辞めるかを考えているところに近所の保育園で看護師募集をしていて、母は転職を決めました。母は子供が好きということもあって職場の条件としては申し分ありませんでした。ですが、その保育園で看護師募集をしたのがはじめてのことだったので、保育園側も看護師として就職した母もどんな仕事をしたらいいのかわからず、最初の数か月はただ居るだけ状態だったそうです。もし、母が保育園を退職して、新しい看護師募集をしなければいけないとなった時に仕事の内容を確立できるようにと積極的に保育士と関わるようになって、子供たちと一緒に遊ぶようにしていきました。保育士と関わることで保育士の仕事の内容が分かって、その中から看護師としてできると思った仕事を積極的に分けてもらえるように働きかけていきました。その他に、園児と一緒にいる時間を作ったおかげで園児の健康状態を把握できるようになって何かあった時に、すぐ対応できるように資料を作ることができたと言っていました。母のように保育園で働く看護師がどれだけいるのかわかりませんが、保育園または幼稚園で働く看護師が増えることで、安心して子供が預けれるようになればいいのではないかと私は思っています。

基礎知識

2014/02/07

看護師募集の基礎知識として、看護師の転職を考える時期はボーナスの時期と関係があるようです。看護師の世界ではボーナスが支給されるのは大体4~6月と9~11月ですから、この時期の看護師募集の内容に注目してください。多くの看護師が、この時期の転職を考えます。医療機関は人材不足に陥りたくないので、この時期の看護師募集はより良い条件であることが考えられます。時期を考えた就職活動は重要です。第二新卒の看護師が特に期待されているようです。第二新卒とは、基本的には学校を卒業してから三年以内の就業希望者のことです。第二新卒の看護師は特定の病院のやり方に染まってないので自分の病院に馴染み易いと考えています。このあたりは、一般の企業と変わりが無いですね。次に就職活動に欠くことができない履歴書について説明いたします。これも一般の企業と同じで、就職希望者が多いと履歴書による書類選考のみで落とすことが多いので、気をつけましょう。正確性や丁寧さが伺えるよう努めてください。誤字や脱字に気をつけ整然とした印象を与えることが重要です。次にやはり就職活動に欠かせない面接について説明いたします。看護師には自分が言いたい事を的確に伝える事や、相手の言う事を完全に理解する事が重要です。言葉づかいなどにも注意が必要ですが、軽い気持ちで円滑な会話をすることが何より大切です。一度看護師の仕事をリタイアして復職を希望する方は、各地で病院などによる復職の為のセミナーが開催されておりますので、ご確認ください。

常勤看護師

2014/02/07

厚生労働省によると、2011年度の常勤看護師の数が約135万人に対し、病院・診療所・介護施設などで必要な看護師数は、約140万5千人で約5万5千人の看護師が不足しています。全国の約70%の病院・医療機関で看護師が不足しています。看護師募集をしても応募者が集まらず、看護師不足が大変な社会問題になっています。しかし看護師不足は、改善されるどころかますます厳しい状態になっています。毎年、新卒看護師や復職看護師がいる一方、それ以上の看護師が離職しているためです。この看護師不足の問題は当面解決の見込みはないと言われています。 その最大の理由は、看護師が勤務が非常に過酷なことのあると思います。看護師募集を見ると、職務の特性上、二交代制・三交代制のシフト勤務が必要とされ、夜勤・宿直は避けられません。また看護師の仕事は、患者の大事な生命を預かるため、ミスや間違いが絶対にあってはならない緊張が続く仕事です。体力的に過酷なことに加え精神的負担もあります。疲れは集中力・判断力を鈍らせ、ミスにつながります。そのため健康に影響して、続けたくても辞めていかざるおえない看護師が多いのです。看護師募集をしても、仕事と子育てや家事との両立が難しく、応募者が集まらないのです。夜勤や人員配置などの勤務体制の見直し、24時間対応の保育所を設置するなどして、看護師募集に応募しやすくするとともに、今働いている看護師の定着率を高めることも必要です。

たくさんの種類

2014/02/07

看護師募集の基礎知識について、看護師の、資格がないと、働きできませんね。看護師の資格も、看護師の他に、准看護師、助産師、保健師、看護助手等、たくさんの種類に分かれておりますよね。その資格も、役職によって資格の取り方も違うかと思いますが、資格を取るのも、難しいものですよね。看護師も、国家試験を受け、資格を取れないものでもあり、また、看護師募集の基礎知識について、クリニック等での実習もおこなわなくてはならないものですよね。看護師の勉強も、看護専門学校等で2年から3年と通わなくてはならないものでもあり、昼間働いている学生でも、夜間や土日の方で看護専門学校に通う方たちも多いですよね。今は、看護師募集の基礎知識では、求人も、資格取得者、経験者だと思います。また、夜間も働ける方や残業等ができる方たちを募集しているところはありますよね。夜間や残業等も、クリニック等で、3交代、2交代等シフトで分かれているところも多く、休みも決まらないのは他の職種より働くのは難しいですよね。看護師も、子育て中の方たちでも、託児所等がほとんどありますよね。託児所も24時間のところが多く、安心して働きできますよね。また、3交代や2交代等が多いシフトでも、住宅手当等、ほとんど全額手当てのところも多く、通勤するのも便利なところが選べるのも良いですよね。食事等も、クリニックでも食堂のあるところも多く、ひとり暮らしの看護師でも、食事等を料理しなくても簡単に済ませられて良いかも知れませんよね。クリニック等での社員食堂も、安いもので、栄養バランスも考えられているのは良いことかも知れませんね。

休暇がとれない

2014/02/07

看護師が今の職場を辞めたいと思う理由になかには休暇がなかなか取れないことや人手不足による仕事量の多さ、夜勤の辛さなどがあるようです。看護師募集の求人を探すときにもこれらの条件を満たしてくれる職場を選ぶようで就業地域に偏りが出てきたり復職まで行かない離職看護師が多いようです。看護師募集の求人を出して再就職者を増やすには問題の解決を満たさなければならないと考えられます。現在日本では高齢化が進んできて看護師のような厳しい職場環境に耐えられないことがあります。その環境を防ぐために労働組合から職場の環境改善や人材の確保を求める要望書が出ている医療法人もあります。そのようなこともあり看護師募集の際には職場環境の改善や福利厚生、待遇の条件を前面に出した求人が増えているようです。離職看護師がせっかく取得した看護師免許を捨ててしまうことはもったいなく、取得者も一生使える資格を生かそうと考えていると思います。ほとんどの離職看護師は結婚や出産、育児のために仕事ができなくなり離職していくと思います。また働ける環境になれば就職活動を始める人も多いと思います。そんな人が看護師募集の際に気にかけるのはきちんと休暇が取れる職場や人材が確保されていること、夜勤がない職場を中心に就職活動を進めていると思います。またスキルアップのために職場をかえる人も少なくないようです。医療法人ではそんなスキルアップを考える人のために認定看護師や専門看護師資格の取得支援をしてくれる職場を探すこともあるようです。

体力的にも負担の大きい職業

2014/02/07

看護師は精神的にも体力的にも負担の大きい職業です。仕事上のストレスやプライベートとの両立が難しく離職していく看護師も多くいます。しかし、とあるきっかけで再就職をする未就労の看護師もいます。そのような求職者に対して看護師募集を行っていく上で重要視しておかなければならない事とはなんでしょうか。看護師には正看護師と准看護師、保健師、助産師に分類されます。その職種により仕事内容や待遇に違いがあります。病院やクリニックで看護師募集を行う場合には正看護師や准看護師を募集することが多くあります。休職者が求める条件で多いのは給料や休暇が挙がるそうです。給料については基本給の高さ、ボーナス、昇給の有無を重要視するそうです。また夜勤手当や残業手当といった手当が整っていることで生活面で負担が掛からない職場を選んでいるようです。休暇では通常では週休二日が基本になりますが中には4週8日といった形態もあります。4週8日の休暇の場合4週のうち8日間休みが取れるということになり連続勤務になることも多くなり耐え切れず退職する看護師も多く入るそうです。看護師募集を行う際には考慮しなければならない条件になっています。その他に求職者が希望する項目には教育体制やそのための支援に協力的であるかが重要になっています。キャリアアップを考えている人には有ってほしい条件であるため取り入れている病院も多くあります。看護師募集の際には求職者の要望を叶える条件を揃えることが必要になってきます。